第14回学術大会開催報告

第14回学術大会 盛会裡に終了しました!

日本歯科衛生学会第14回学術大会は、2019年(令和元年)9月14日~16日に、ウインクあいち(愛知県産業労働センター)において開催いたしました。

第14回のメインテーマは「治し支える歯科医療をめざして」。特別講演、教育講演、シンポジウム、県民フォーラム、研究討論会、ワークショップを行い、盛会裡に終了することができました。

3日間の参加者数は、2,290名で過去最高となり、会員による演題発表数は口演発表44題、ポスター発表152題、合計196題でした。

2020年の第15回学術大会は、9月19日(土)~21日(月・祝)、大阪国際交流センターにて開催いたします。多くのご参加、演題発表をお待ちしております。

第15回学術大会案内はこちら

開会式
開会式
平野 浩彦 氏
特別講演「認知症の人の口を支えるために:歯科治療ガイドラインからの提言」 平野 浩彦 氏
上野 尚雄 氏
教育講演「適切ながん口腔支持医療の提供のために」 上野 尚雄 氏
松尾 浩一郎 氏
シンポジウム基調講演「治し支える歯科医療をめざして -多職種連携の口腔健康管理-」 松尾 浩一郎 氏
三鬼 達人 氏
シンポジウム講演1「回復期リハビリテーション病棟における看護師の立場から」 三鬼 達人 氏
松井 俊和 氏
シンポジウム講演2「療養型病院における医師の立場から」 松井 俊和 氏
田口 知実 氏
シンポジウム講演3「地域診療所における歯科衛生士の立場から」 田口 知実 氏
シンポジウムディスカッション
シンポジウムディスカッション
村本 高史 氏
県民フォーラム「いのちと共に思うこと-頭頸部がんを経験して-」講演1「がんを超えて生きる」 村本 高史 氏
荒井 里奈 氏
県民フォーラム「いのちと共に思うこと-頭頸部がんを経験して-」講演2「食べることは生きること」荒井 里奈 氏
県民フォーラムディスカッション
県民フォーラムディスカッション
研究討論会
研究討論会「口腔機能向上」のための根拠ある支援をめざして
口演発表
口演発表
ポスター討論
ポスター討論
ワークショップ
ワークショップ
ワークショップグループワーク
ワークショップグループワーク
プレゼンテーション
第15回学術大会長 橋場佳子氏、大阪府歯科衛生士会の皆様によるプレゼンテーション
学会長から大会長へ感謝状の贈呈
学会長から大会長へ感謝状の贈呈
学術賞授与(学術発表賞)
学術賞授与(学術発表賞)
学術賞授与(学術論文賞)
学術賞授与(学術論文賞)
懇親会1
懇親会2

今回は、愛知県歯科衛生士会主催により、従来の懇親会という形ではなく、「名古屋の夜を楽しむ前に!!」と題した参加者が無料で参加できる交流会が行われました。愛知の地酒、ドリンクやお菓子がふるまわれ、全国から集まった参加者同士が自由に交流し、大盛況となりました。

ポスター

一覧に戻る